CIM

「設計~施工~維持管理」まで、CIMモデルの作成を行います。

  • 3次元モデルの作成、施工シミュレーション、干渉チェック
  • 施工情報(品質、出来形、図面、工事写真等)の付与

専用の3Dビューワから、誰でも閲覧することができる3D PDFにて納品いたします。

CIMの活用事例(1)

cim

※拡大用PDFはこちら

CIMの活用事例(2)

cim4

施工シミュレーション

市街地での高架橋工事において3Dモデルを用いた施工ステップ図および完成予想図を作成し、工事着手前の現場説明会資料として活用。

  • 近隣住民や関係者への説明を効率化
  • 日照シミュレーションや景観性の確認

cim1

桁端部の干渉チェック、維持管理性の確認

主構造、付属物の設計図面より3Dモデルを作成し、不具合の有無を検証します。

  • 付属物(支承、伸縮、排水管、検査路、昇降施設等)の干渉チェック
  • 維持管理性が確保されているか、作業目線からの確認
  • 3D PDF納品により、関係会社と不具合の情報共有

cim5

cim6

3D配筋による干渉チェック

桁端部やラーメン隅角部等の複雑な箇所の3D配筋を作成し、不具合の有無を検証します。

  • PCケーブル、鉄筋、支承アンカー、伸縮装置、排水装置の干渉チェック
  • 工事着手前の協議説明資料として活用
  • 設計段階における不具合防止

cim2

ワーゲンと地山・躯体の干渉チェック

主構造、実際に使用する架設機材、橋台および現地形の3Dモデルを作成し、不具合の有無を検証します。

  • 工事着手前に干渉の有無を検証
  • 事前対策を講じることにより、手戻りの防止を図る

cim3

多工種工事の施工シミュレーション

土工事、基礎工、橋脚・斜材工、上部工、橋面工等 全工種の3Dモデルを作成し、それに工程を紐付けした4Dモデルにより施工の流れを可視化します。

  • 関係者間で施工状況や出来高のイメージを共有
  • 各部材に品質属性情報(コンクリート、緊張管理等)を付与し、将来の維持管理に利用

 

所有ソフト

■ オートデスク(株)

  • Autodesk Infrastructure Design Suite 2017
    ‐AutoCAD
    ‐AutoCAD Civil 3D
    ‐Revit
    ‐Navisworks Manage
    ‐Infra Works 360 LT
    ‐Recap
    ‐3ds Max 等

■ 伊藤忠テクノソリューションズ(株)

  • Navis+

■ オフィスケイワン(株)

  • Click3D(NETIS登録技術 KT-140116-A)